さて本日はphotoshopのベベルについてのお話

ベベルの使い方ってかなり難しいと思うんです

ベベルで書いた文字ってなんかださいんっすよね…

普段サイト作り等でぷっくりしたボタンを作成する際の

ちょっとした凹凸に使う事はあるんですが

文字に使うと難しい…




そして、昔からphotoshop触り始めの人って

なんでかわからないですけど

バナーとか作ろうとすると文字にベベルかけるんですよね…

あれ不思議…自分もそうだった…






そこで本日はphotoshopのベベルを使って

こんな感じにしたら

かっこいいんじゃないかと言う文字を作って行きましょう


きんきん1122


グラデ―ションだけパターンが必要ですが

以下の通り設定していけば簡単なはずです


きんきん012

photoshop新規レイヤーに文字を書いて

そこにレイヤースタイルを設定していきます。


ゴルゴル01
ゴルゴル04
ゴルゴル03
ゴルゴル02
ゴルゴル05






すると金色のギラギラした文字の完成です


きんきん1122



できた文字の下に

太めの境界線を設定した文字を置いてあげて


きんきん011





ちょちょっといじっていけば、



こんな感じー



きんきん111


かっこいいのかは置いておいて
ギラギラした文字の完成です

ゴールドのグラデを他の色に変更して行けば
また違った感じになります


キャンペーンの大キャッチやLPのキャッチ

バナーのキャッチ、見出しにでもどうぞ



作ってみてあれですけどベベルって難しいですね…

ベベルを使った文字の作り方のご紹介でした。

ではでは

この記事を書いた人

ヤギ
ヤギ
元高校球児30代デザイナー。野球とスノーボード、格闘技が大好きです。仕事もプライベートも楽しくをモットーにやらせていただいております。よろしくお願いします。