はじめまして!
ケーワン札幌支社に勤務する制作スタッフのつーさんです。

北は北海道 南は九州まで支社を持つケーワンなのですが、
社員総会などで全国から社員が集まった時などに、
「北海道、いいですよね!食べ物が美味しくて♪」
「自然に溢れてて素晴らしいですよね!」
など、言って頂ける事が多いです。

街中には自然溢れるオシャレな商業施設が立ち並び、

北の歓楽街「すすきの」では飲み食いや遊ぶ所には困りません。

農業・漁業も盛んでどれも新鮮&豊富!特に回転寿司は安いうえに絶品です。

国内旅行でも北海道は特に人気のスポットで、
繁華街もあり、ちょっと足を延ばせば大自然やレジャーが楽しめます。
「北海道に住むのが夢なんですよ~!」等といった声もチラホラ…

そんな北海道移住希望の方に声を大にして伝えたいっ…!!
雪国を侮るんじゃない!!!
 

 

そんなわけで今回は、
『雪国のお部屋選びのコツ』をご紹介いたします!

北海道は基本的には年中寒いです。
特に冬場はマイナス気温が当たり前なので寒さに強いお部屋選びが重要です。
10年間で6回引っ越し経験のある私が、
暖房効率を重視したお部屋選びのポイントを3つお教えします!
※わたし個人の独断と偏見です※

ポイント1:部屋は2階以上を選ぼう!
これは防犯面…ではなく、あくまで暖かさのポイントです。
まずは下の図をご覧下さい。
まず1階は地下からの冷気で常に床が寒い状態なのでオススメしません。
2階以上は下の階からの暖気が上がってくるので、
オススメするのは上下階に挟まれた階がベストです!
また、木造より熱の伝わりやすい鉄筋コンクリートを推奨。

 

ポイント2:プロパンガスより都市ガスを選ぼう!
冬季期間は暖房費が1~3万円と掛かってしまいます、
プロパンガスより都市ガスの方が安いので、
数としては少ないですが都市ガスを選びましょう。

 

ポイント3:天井はやや低めを選ぼう!
暖気が上がっていく性質から、
天井が低い方が部屋の暖まりが早く無駄な燃料を省けます。
また、サーキュレーターを使用して、
天井に溜まった暖気をかき混ぜることで部屋全体が暖かくなります。

以上3つのポイントをご紹介致しました。

 

 

 

ちなみに…
北海道の企業では、冬季期間(10月~3月)には、
暖房費を企業が負担してくれる燃料手当という制度があるのです。
月々1~2万円支給であったり、
1シーズンまとめて5~15万円をポンと支給してくれるのです。

北海道外の方は聞いたことないかもしれませんねぇ「燃料手当」

 

 

・・・。

 

 

ケーワン札幌支社に燃料手当の新制度を!!!!(切実)

 

 

以上、雪国でのお部屋探しの3つのポイントでした。
お仕事や進学などで北海道へ移住の際は、
是非これらを参考にしてもらえればと思います。

この記事を書いた人

つーさん
つーさん
北海道 札幌支社の制作担当です。
美味しいものを食べるのがダイスキ!北海道の味覚や文化を紹介しつつ読んでみて「面白かった」と言われるような記事を書きたいと思います!