さてさて唐突ですが、皆さん。

「集中できてますか~?」

ごちゃごちゃお話しする前にまずは、以下の実験をしてみましょう。

今から見る動画の中で白い服を着たチームのパスを数える

(条件)
・声に出さない
・指を折らない
・紙に正の字を書かない

以上のルールで動画を見てみましょう。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
以下は、ネタ晴らしのため、動画見てからスクロールしてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この動画は、割と有名動画のようで違うパターンの動画が

多数あがっていますので検索して試してみてください。

もっと集中力が研ぎ澄まされるとかされないとか。

(保証はしませんのでご了承ください。)

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

私自身は、●●●の登場については全く気付きませんでした。

あんなに堂々としかも手まで振っていたのに。

40年間、自分は何していたんだろうと落ち込みましたね・・・。

まとめサイトをなどをみると、脳の錯覚だそうです。

 

 

ブログ書く前に、社内の3人にもテストしてみました。

結果は・・・。

N部長さん@企画開発部 ⇒ 気づかず。

nakajimaさん@技術統括  ⇒ 気づかず。

きどっちさん@デザイン課 ⇒ 余裕で気づきましたよ(ドヤ顔)

さすがデザインの鬼こと「きどっち」さんです。

微妙な色の違いにもこだわる「きどっち」さんはさすがです。
(あれ???N部長は元デザイン屋さんだったような・・・。)
 
改めまして、システム開発に携わっている【ティーン・カネオカ】です。

ここからは、出ました!

「仕事に置き換えると・・・」ってな恒例の無茶な流れです。

最後までお付き合いいただければと思います。

 
システム開発課の視点でお話しすると、

プログラム作成において、指示書に書いてあることにとらわれすぎて

全体を俯瞰してみる事が出来なかったために、見落としていることに

気づかない点が結構ありますね。

それが、バグやトラブルに繋がっていくのかなぁと。

集中することも重要ですが、客観的に物事を見ることも大切ですね!

この記事を書いた人

ティーン・カネオカ
ティーン・カネオカ
システム開発担当。
無類の円安好き、1円上がったり下がったりで一喜一憂する今日この頃。
厄年の影響を半端なくうけていて、外出するのが怖い・・・