geizyutu
こんにちは。おしょーです。

デザイン課ではないけれど、なんとなくアートが好きなおしょーです。

今回は、7月に世界遺産に登録された上野の「国立西洋美術館」に行った話となります。




まずは「世界遺産」って、何?・・・という話から調べていきましょう。

遺跡、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のこと

引用:ウィキペディア

もう少しわかりやすく説明すると・・・

人間が創り出した素晴らしい建造物

引用:アンサイクロペディア

とにかくすごい建物ってことですね。カンボジアのアンコール・ワットとか有名ですね。

ankouru




国立西洋美術館の話に戻します。

201601
この写真が国立西洋美術館の正面から撮影したものになります。

・・・確かに立派だけど、アンコール・ワットに比べると、なんか普通の建物って感じがします。

国立西洋美術館を世界遺産に」というサイトを参考にしたところ、フランスの有名な建築家「ル・コルビュジエ」さんが作った日本で唯一の建築物ってことらしいです。

外観がどうのっていうより、渦巻きらせん状に無限に成長(増築)させられるアイディアがすごいらしいです。

・・・国立西洋美術館は立地上、これ以上大きくさせることはできないそうですけどね。

201602
建物の外にある、ロダンの地獄の門とか、割とわかりやすく圧倒させられるので、こっちのほうがおすすめです。




美術館というのは撮影禁止の場所が多いです。気になった絵をスマホでパシャリと撮影などしないように!

・・・と前置きしましたが、国立西洋美術館は逆に、一部の作品以外は撮影OKなんです。

そんなわけで、今回は撮影した絵画をガンガン載せていこうと思いますが、ここで、ちょっとした勉強の時間です。

benkyou
質問:撮影した絵画の写真をブログにアップして、著作権的に大丈夫なの?

そうです。著作権の話です。IT企業として、サイトを取り扱う場合は、切っても切り離せない問題なので、簡単におさらいしましょう。

著作権とは・・・

著作権(ちょさくけん、英語: copyright、コピーライト)とは、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を排他的に支配する、財産的な権利である。著作権は特許権や商標権にならぶ知的財産権の一つとして位置づけられている。

引用:ウィキペディア

つまりは、誰かが何かの絵を描けば、それは著作物であり、著作権が発生するってことですね。

ブログにアップするということは・・・

著作物を公衆送信(自動公衆送信の場合は、送信可能化を含む)する行為

引用:ウィキペディア

これは、絵を描いた人(著作者)だけができることになります。

つまりは、絵を描いた人に無断で、絵を撮影してブログにアップするのは著作権の侵害になります。

では、絵画を撮影してブログにアップするのはダメなんじゃ・・・

著作者の死後50年(無名または変名の著作物の場合は、著作物の公表後50年)が経過した場合、著作権は消滅するから(著作権法51条2項)、当該著作物を無断で利用しても著作権侵害は成立しない。

引用:ウィキペディア

つまりは、昔の絵画であれば、問題ないってことです。

もう少し詳しく書かれている「西洋絵画の著作権について」というサイトによると、海外によって著作権の切れる期間が違ったりするので、作者の死後63年が経過していれば、基本的にはOKってことらしいです。




勉強の時間は終わりってことで、気になった作品を見ていきましょう♪

201604 ヤン・ブリューゲル(父) 1568年 – 1625年
アブラハムとイサクのいる森林風景

ゲームのRPGが好きなおしょーは、こういう風景画を見ると妄想がはかどって楽しくなります。

201605 ペーテル・パウル・ルーベンス 1575年 – 1640年
眠る二人の子供

フランダースの犬にも登場した、ルーベンスの作品です。いつの時代も子どもはかわいいってことですね。

201606 クロード・モネ 1840年 – 1926年
ラ・ロシュ=ギュイヨンの道

睡蓮で有名なモネの作品。全体的に明るい色調で、のんびり散歩したくなる道ですね。

201607 フィンセント・ファン・ゴッホ 1853年 – 1890年
ばら

ひまわりで有名なゴッホの作品。この独特な力強いタッチは、あ、ゴッホって感じですね。

201608 ピエール=オーギュスト・ルノワール 1841年 – 1919年
帽子の女

独特な淡いタッチのルノワールの作品。喫茶店の名前の由来かもしれませんが、優雅に紅茶を飲む美人さんって感じですね。




いろいろな作品を見てきましたが、実際にはもっといろいろな作品が収蔵されています。

有名なピカソの作品もありましたが、ピカソは1973年に亡くなったので、まだ著作権が消滅してないんですね。

201603
上のほうでロダンの地獄の門を載せましたが、実はロダンの作品は他にもたくさんあります。

アートは難しいですが、考える人の隣で考えるポーズでも取って、気軽に楽しむのもいいと思いますよ。





いかがでしょうか?芸術の秋ってことで、これからの季節のお出かけに良い場所です。

ではでは、また次の記事でお会いしましょう!


この記事を書いた人

おしょー
おしょー
運営担当。和尚じゃないけど、ニックネームは「おしょー」。最近、関西限定調味料「おしょース」が気になってます。