y01
 

ついにクリ部に新しい仲間が増えました!

記念すべき初めての新卒入社、その名も“ヨコヤマ”です!
皆さんどうぞヨロシクお願いします。

 

勝手に新人研修企画!ということで、

ヨコヤマチャレンジ!筑波山からはじめる山。」開催です。

 

そうです、山です。

何で山なんだって?

なんせ“ヨコ山”ですから自然な流れですね、はい。

 

ということで今回は、日本百名山の中でNo.1に低い!

そう!“筑波山”に入山します。

y02
 

筑波山情報

tsukuba
筑波山ケーブルカー&ロープウェイ | 筑波観光鉄道株式会社

かつて筑波山は、歌垣(うたがき:男女が歌をやりとりし、互いの相手を見つける集い)の場となっていました。
標高が876mと低山でありながらも『日本百名山』に挙げられ、現在では「ケーブルカー」や「ロープウェイ」も運行されており、頂上近くまで誰でも足を運ぶことが出来るようになっています。

特徴としては、複数の点在する奇岩が山歩きをする人を楽しませてくれる初心者向けの山登りコースになっています。標高が低いので春や秋にオススメの山です。

▼今回はこちらのコースを辿っていきたいと思います。

map
それでは早速、いざ入山!

y03
筑波山神社の境内を抜けるとすぐに、ケーブルカーの宮脇駅があります。
その少し手前、右側の鳥居からスタートしていきましょう。

y038
こちらは「御幸ケ原コース」となり約90分の道程になっています。

y04
90分のところを、ちゃっちゃか60分で登っちゃいましょう♪Yeah!
テンションが上がってきたヨコヤマです。若さにやられそうです。。。

自然に囲まれて小学生の遠足気分満開のヨコヤマは、余裕のテンションでズンズン登っていきます。

左手側を走るケーブルカーとほぼ並行して歩いて行くと、はじめは緩やかなコースも徐々に傾斜がキツくなってきます。

y05
標高が上がるにつれ「モミ」「アカガシ」「ミズナラ」「ブナ」と、見上げる樹木も変化していく様が楽しめる場所です。

y010
男女川(みなのがわ)を通過し、
スギの群生を抜けると…

y06
丸太で組まれた階段が目の前に立ちふさがります。

y07
観光客も多い筑波山は、山道が整備されているので登りやすくなっていますね。

y08
ここを登りきれば、ケーブルカーの筑波山頂駅のある御幸ケ原に到着です。

y011
御幸ケ原はかなり広いスペースがあり、土曜日ということもあり多くの人で賑わっています。
トイレも自動販売機も売店もあるので、手ぶらで来ても事足りてしまうでしょう。

小さな子供連れのお母さん方も、ビニールシートを広げてピクニックを楽しんでおられます。

 

私、吹奏楽部だったのでコレ得意ですよ!」とヨコヤマ。。。

 

売店の売り物をおもむろに引っ張り出して吹奏楽部アピールを始めましたが、
フルートだと思って掲げたものは…

y012
 

「ザ・たて笛」!

見なかったことにしましょう…。

 

そろそろお腹も空いてきた頃ですが、ここで終わりではありません。

少し疲れが見えてきたヨコヤマを気遣って、こんな時は糖分を吸収してもらいましょう。携帯食には「アメ」「チョコ」「ナッツ」など色々ありますが、遠足のおやつは“KitKat”でしょう。

y032
少女Aみたいになってんな…

とにかく、エネルギーチャージでヨコヤマ復活!

y09
お腹が満たされれば上機嫌♪
とりあえず、ぐずり出したらお菓子を渡しましょう!

y013
休憩もそこそこに、「見浦亭」を横目に左手にそびえる男体山頂を目指します。

y037
おおよそ15分といったところでしょうか。
すれ違う人たちと道を譲り合いながら上がります。

y014
そろそろ山頂かな?
というところまで来ると多少岩場になっており、岩肌が濡れていると滑りやすいので注意しましょう。濡れていなければ階段よりもかえって登りやすいものです。

y015
そうこうしてると、男体山頂に到着!
男体山御本殿が立っており、ここで標高871mになります。

ここから先程の御幸ケ原まで一旦下り、今度は女体山を目指します。

 

●セキレイ石

y016
 

途中には筑波山の奇岩のひとつでカエルのような「ガマ石」があります。
口の中に石を投げ入れると「お金持ち」になれると言われているようです。

●ガマ石

y017
そのまま道なりに「山頂連絡路」を約15分歩けば女体山頂に到着です。

 

女体山御本殿に手を合わせ、

y018
なにやらブツブツ言っていますが、何をお願いしているのでしょうか・・・。

y019
御本殿の裏が、岩場になっておりパノラマの展望が楽しめます。女体山頂は標高877m

y020
天気が良ければ関東平野が一望出来るはずでしたが、霞んでしまっています。残念。そこから「弁慶茶屋」方面に「白雲橋コース」を下りていきます。

 

y036
そのあいだも「ツツジ」や「カタクリ」などが目を楽しませます。

y021
そろそろヨコヤマの空腹も限界を迎えているようなので、ここで一旦ランチタイムに入ります。

 

★今日の献立はこちら!
  • 長崎ラーメン
  • ドライカレー
  • エビピラフ
y022
y023
やっとこさ、食料を得たウサギのようになっています。

y024
 

食べたら再起動して行きましょう。

●大仏岩

y025
 

●北斗岩

y026
 

●裏面大黒

y027
 

●出船入船

y028
 

●母の胎内くぐり

y029
 

●弁慶七戻り

y030
 

●高天原

y031
弁慶茶屋を経由し「筑波山神社」方面に下ります。

y033
ヌワッ!

y035
ムムッ!

y034
ヒヤーッ!







はい到着!

y039
それ、何のポーズですか?
いや、聞くのはやめておきましょう・・・。

 

ヨコヤマ無事下山完了しました。

 

筑波山を振り返っての感想は?

「童心に返れる!」

 

・・・

ようは、楽しかったってことですね。
よかったよかった(´∀`)

 

こんな新人ヨコヤマを、
皆さん温かく見守ってやってください!

 

ヨコヤマチャレンジは、まだまだ続きます。
乞うご期待。to be continued…

この記事を書いた人

moro
moro
好きなことも、嫌いなことも、どうでもいいことも沢山あります。・・・だから何?と思った方、、、的確です。この際、一緒に無重力感じませんか?