はじめまして、プログラマーのis原です。

皆さん、トレイルランニングという競技をご存知でしょうか?

トレイルランニング: Trail running)は、陸上競技の中長距離走の一種で、舗装路以外の山野を走るものをさす。トレラントレイルランと略される。

Wikiより抜粋

 

要するに山を走るマラソン!最近じわじわと人気の出ている競技です。

 

というわけで今回、ケーワン陸上部(非公認)では第9回 富士山麓トレイルランへ出場してきました。

 

 

 

もちろん、陸上部部長はこの人、新生物ヤタベさんです。

 

DSC_0407

 

前日の睡眠はばっちりのようです!

 

ヤタベさん、is原と今回初トレイルかつ初のマラソンのT倉さんの一行は河口湖へ。

DSC_0418

 

景色がいいですね。

 

ハイドレーションを装着し準備万端です。

DSC_0412

 

 

ここで今回のコースの説明です。

course_height

 

コースはショートコース約9.5kmとロングコース約18kmに分かれ、足和田山と青木ヶ原樹海を駆け抜けるコースとなっています。

足和田山の山頂からは富士山と河口湖が見渡せる景色のいいコース、最大標高差も400mほどで、トレイル初心者にも安心のコースなのではないでしょうか。

私とヤタベさんはロングコース、T倉さんはショートコースでのスタートとなります。

 

まずは、会場からスタート地点の羽根子山までこのようにぞろぞろと15分ほど登ります。

DSC_0415

 

正直、スタートに着くまでにわりと疲れます。

スタートはフルマラソン、ハーフマラソンなどの申告タイム順にスタートウェーブが分かれそれぞれ2分おきの出発となります。

昨シーズンの好タイム時のハーフマラソンの結果で申告したため、まさかの第1ウェーブからの出走です。

 

スタート直前の様子です。

1443835057292[1]

 

スタート5分前、トラブル発生です。

猛烈におなかが痛い!昨日、カーボローディングのためにパスタを食べすぎたのが原因でしょうか。やばいです。

しかし、スタート地点は山頂、トイレなどありません。

あわあわしているうちにスタートの号砲が・・・。

スタートから1km、おなかの調子が少しマシになってきました。

しかし18kmも持ちそうにはありません。普通のマラソンであればあちこちにトイレがあるのですが、ここは山。まさにトレイルの洗礼。とりあえず、おなかへの刺激を最小限にすべく体のブレを限界まで削りました。このときのランニングフォームがいちばん無駄がなかった気がします。

そうこうしている間に、1時間ほど登り続け、足和田山山頂。景色は美しいですが、楽しむ余裕がありません。

3.5kmを通過したところで給水ポイントが!トイレもありました。

事前のコース図に載ってなかったので結構焦りました。。。

そっちが本コースかのように、駆け抜けていきます。

いやあ、危なかった、体調管理には注意ですね。

 

そうこうしている間にコースは下りに入っています。

最初の下りは中々に道幅がひろく、走りやすいです。

やがて、青木ヶ原樹海へ突入します。このへんすごく走りやすくて森の感じが気持ちよくて、トレイル最高!って感じでした。

※イメージ写真です。

aokigaharajukai_01

 

すいすいと10km地点を通過すると、激坂が待っています。

ここが、唯一このレースがきつかったところでしょうか。

坂の途中ではミッ〇ーマウスに扮したスタッフが

「もうちょっとで楽しい坂は終わりだよ!」

と夢と希望にあふれる言葉をかけてくれます。カオスです。

 

激坂を越え、折り返してしばらくしていると、ショートコースに出場していたT倉さんと交差し、ハイタッチしました。

気づけは残り3.5kmの表示が見え、あとは惰性でゴールです。気を抜いたためか、ラスト3kmで3回くらいこけました。つらい。

気になる結果ですが、上位30%あたりでしょうか。前回出場した38kmの八重山トレイルでは最下位に近かったので、出場者のレベルの違いを感じました。

何よりすごいと思ったのは人生で初めて10kmを走ったといっていたT倉さんが真ん中あたりの順位についていたことです。トレイルポテンシャルがやばい気がします。

なんせ、余力の残るくらいの大会でとても気持ちよく終われました。

 

大会終了後、吉田うどんをほおばるヤタベさん。いい笑顔です。

1444039529364

 

トレイルは20km未満なら余裕をもって楽しめそうです。マラソンと違ってあまりタイムも意識しないでいいのも含めて。

土曜日開催だったので、日曜日はゆっくりと休養できて充実の週末となりました。

最後まで、見たあなた!トレランに出ましょう!

ケーワンでは社員も陸上部も募集中です!

 

 

この記事を書いた人

izuhara
izuhara
フロアの隅の方でもくもくとプログラム書いてる人です。最近、謎の野生に目覚めて、マラソン、トレラン、キャンプ、登山とアウトドア三昧の週末を過ごしています。
この投稿者の最近の記事