お久しぶりの、おしょーです。

2017年の社員旅行は、ハワイ、タイ、沖縄、熱海の4か所に分かれていましたが、おしょーはなんと、昨年に引き続き『沖縄』に行ってきました!
 すでに、『つーさん』と『コータロー』の沖縄社員旅行記がアップされているので、かぶらない内容で報告しましょう。

↓↓↓↓↓↓↓つーさん、コータローの旅行記はこちらから↓↓↓↓↓↓↓

2017年の社員旅行の時期がやってまいりました! 選べる4か所の旅行先から先発隊として… 沖縄にやってきました! どうも~!ケーワン札幌支社のつーさんです。 昨
毎度〜コータローです。 ケーワンブログに初投稿となります。 さてさて、6月の中旬に社員研修で沖縄に行ってきました。 私のメインは「ヤギ刺し」です。 獣臭はあるのですがハ

我々が向かった先は…


『つーさん』は離島の渡嘉敷島に行ったようですが、おしょーは古宇利島、美ら海水族館に行ってきました。

「美ら海水族館」

と書いていますが、読み方から説明しましょう。

「びらうみ」ではありませんよ。
「ちゅらうみ」と読むそうですよ。

沖縄の方言だそうですが、綺麗な呼び方ですね。

「はいさい」とか「めんそーれ」など、有名な沖縄方言講座をバスガイドさんから受けつつ、沖縄本島を北上します。


沖縄が誇る絶景スポット「古宇利島」エリア


古宇利島


まずやってきたのは、沖縄本島屈指の絶景スポットのある「古宇利島」(こうりじま)です。(ちなみに、上の画像はフリー画像です…)

古宇利オーシャンタワー


当日はあいにくの空模様だったのですが、絶景の古宇利大橋を渡り、島の高台に位置する「古宇利オーシャンタワー」に行きました。
タワーの中には、「シェルミュージアム」という貝の博物館があり、色とりどりの貝を楽しめます。
お土産コーナーでは、貝で作られたコースターを買っちゃいました。

古宇利大橋


タワーをのぼり展望フロアまで行くと、先ほどわたってきた古宇利大橋を一望できます。
雨は上がってきましたが、青空であれば、さぞ美しい空と海の対比が楽しめたことでしょう。

そしていよいよ「美ら海水族館」へ潜入!



次はお待ちかねの「美ら海水族館」です。

美ら海水族館は「海洋博公園」という国営公園内の一施設となりますので、海洋博公園の各施設だけでも一日楽しめると思います。

今回は時間の都合上、美ら海水族館と、その他一部の施設を特急で回りました。


美ら海水族館では、体験コーナーでヒトデを触ったり…


サンゴの水槽や…


熱帯魚の水槽が楽しめますが…


なんといっても目玉は「ジンベエザメ」のいる大水槽ですね!

ジンベエザメは斑点模様と横に広がる口が特徴の、全長10メートルを超える巨大なサメです。巨大なサメといっても人食いサメではありませんよ(人食いサメはそんなに種類はいないそうです)

ジンベエザメが水槽内を悠々と泳ぐ様は、いつまでも眺めていたくなりました。

他にも観光スポット盛りだくさん


オキちゃん劇場


海洋博公園には、美ら海水族館以外にも、
「オキちゃん劇場」で海をバックにしたイルカショーが楽しめましたよ。

おきなわ郷土村


「おきなわ郷土村」で古き良き沖縄の民家を楽しんだり・・・

お菓子御殿


最後に「お菓子御殿」というお土産の施設に寄って(アイスを買い食いして)、バスツアーは終了です。

おまけ


沖縄といえばステーキ。有名な国際通りにあるステーキ屋さんでステーキを食べましたよ。


始めの一口目。うーん、ステーキ!・・・だけどちょっと塩味が少ないかな?
卓上調味料の塩をぱっぱと振りかけると、

大大大アクシデント発生!

塩のふたが取れてしまい、ぱっぱ、どころか、

ドバっ

と塩がかかってしまいました。

あまりの衝撃で、写真は撮り忘れましたが、人生で一番まずい、塩辛いステーキを食べることになりました(><)



いかがでしょうか。

沖縄離島コースとは違った魅力を伝えられたでしょうか。

来年はどうなるかはもちろん分かりませんが、水族館が好きな方は是非ご期待ください!

ではでは、また次の記事でお会いしましょう!

この記事を書いた人

おしょー
おしょー
運営担当。和尚じゃないけど、ニックネームは「おしょー」。最近、関西限定調味料「おしょース」が気になってます。