011122
弊社では社員数が100名を超え、社員の家族や関わる人の数も増えてきた事もあり、「働きやすい環境づくり」以外に、今年度より新たに社会貢献活動を実施する事と致しました。

そこで、公益財団法人日本対がん協会様を支援する運びとなり、日本対がん協会様より感謝状を授与いたしましたので、その模様をご報告させていただきます。

日本対がん協会とは
1958年(昭和33年)8月、がんの早期発見や早期治療、生活習慣の改善によって、「がん撲滅」を目指そうという趣旨で設立されました。その前年の日本癌学会総会での提唱がきっかけとなり、朝日新聞社が創立80周年記念事業として支援し、設立の運びになったものです。日本対がん協会は、がんを早期発見、早期治療するため、14年までの累計では、全国の日本対がん協会グループの検診団体で延べ3億5000万人の方にがん検診を実施し、41万879のがんを見つけ、早期発見・早期治療によるがん死の防止に努めています。
引用:日本対がん協会

5IMG011111
日本対がん協会の発表では
がんによる死者は増え続け、1981(昭和56)年、わが国の死因第1位となり、2014年まで34年連続で死因のトップになっています。14年のがん死者は36万8103人に達し、3人に1人ががんで死ぬ時代になっています。
引用:日本対がん協会

約3人に1人が、がんで命を落とす時代と私達も男女問わず他人事ではありません。

私達の行う支援が小さなものでも、それをきっかけに社員に広まり、またそこから大きな輪になれば、今回のきっかけが少しでも社会の為になると信じ、今後も様々な形で社会貢献活動に力を入れていきたいと思っております。

また、私達会社員が日頃行う仕事の成果が社会貢献につながっているという事実も私達、社員のモチベーションになると思っております。

5IMG011122

この記事を書いた人

ヤギ
ヤギ
元高校球児30代デザイナー。野球とスノーボード、格闘技が大好きです。仕事もプライベートも楽しくをモットーにやらせていただいております。よろしくお願いします。