DTP

【簡単5分】滲んだ文字の作り方【Photoshop】

みなさんこんにちは。
DTP制作係のよこしまです。

普段の仕事ではIllustratorをメインに使用していますが、
最近はphotoshopを使用して画像や文字の加工をすることも多いので、
そちらもまったり勉強しています 😀

イラレで再現すると手間のかかる文字の加工も、
フォトショだとすんなり作れることが多いので楽しく制作してます!

今回のブログでは、超自己流になりますが、
タイトル画像のような「滲んだ文字の作り方」をご紹介していきたいと思います。

【step1】墨溜まり文字を作成(文字の変形)
【step2】文字をにじませる(加工)

という2つの手順で作成します。

 

【step1】墨溜まり文字の作成

そもそも墨溜まりとは?
万年筆などで文字を書いたときにできる「インク溜まり」をそう呼んでいます(私は)

1.文字を打ち、境界線を選択

加工したい文字を打ち、境界線を選択します。
(ctrlを押しながら赤枠のところをポチっと)

フォントは、雰囲気が出やすいので明朝体がオススメです。

今回は「フォント→ A-OTFリュウミン Pro、フォントサイズ→50pt」で制作しています。


文字の境界線が選択されました。

2.選択範囲を拡張します

選択範囲>選択範囲を変更>拡張>選択範囲を拡張パネルを表示


「拡張量:3px」を選択します。

選択範囲が、境界線よりも3px拡張されました。

3.拡張した時と同じ値を縮小する

選択範囲>選択範囲を変更>縮小>選択範囲を縮小パネルを表示

先程3px拡張したので、同じ値の3px縮小します。

選択範囲が縮小されました。

拡大して確認してみると、選択範囲にムラができているのがわかると思います。

 

4.選択範囲を塗りつぶす

新規レイヤーを作成し、作った選択範囲をブラシで塗りつぶします。

墨溜まりが角ばってしまう場合は、
選択範囲>選択範囲を変更>滑らかにで、微調整を行うと滑らかになります。

また墨溜まりが物足りなければ、同じ手順の加工で数値を大きめにすることで調節ができます。

 

結果!

Before

After

墨溜まり文字ができました。

 

【step2】文字をにじませる

1.指先ツールで擦る

墨溜まり文字で完成にしてしまっても良いと思いますが、
プラスの加工として参考にしていただければと思います。

ポイントは

・同じ方向に擦ること
・墨溜まりを狙うこと、です!

今回は「直径:60px、固さ:0px、強さ:20%」を中心に指先ツールでぼかしました。


やり過ぎると、ちょっと物悲しい雰囲気になります。

 

完成!!!

Before

After

このちょっとした手間だけでレトロっぽい雰囲気がでるので、
非常に好きな文字の加工手法です。

よこしま
もっとやりやすい方法があったらおしえてください

機会があればまたPhotoshopの記事を書きたいと思いますので、
ご興味あれば次回もお読みいただけるとうれしいです。

ここまでお付き合いくださりありがとうございました!

ABOUT ME
よこしま
よこしま
ネコ好きのネコアレルギーです。からあげの美味しいお店がありましたら、こちらまでお便りください。