デザイン

会社を辞める係長とギターを探しにいった話。

どうも。じゅんじゅです。寒い季節がはまだ過ぎませんね。
居残る寒さに連なり、ケーワンエンタープライズには、
少し寂しい出来事がありました。

ミスターケーワンこと、ヤタベさんが、退職することになったのです。

10年以上もケーワンで働き続けたヤタベさんは、ケーワンの父親的存在でした。
僕はとても残念に思っていました。ご飯は喉を通ったし、とてもよく眠れましたが、
ヤタベさんの退職を考えると「はぁ…」とがっくりしました。

退職数週間前のある日、ヤタベさんは、僕にこんなことを言ってきたのです。

ヤタベ
ヤタベ
おいじゅんじゅ。おめーのギター買いに行くぞ。

ギターを求め夜の街へ

「ギター買うってのは、いつになっても心が踊るよな!」

ヤタベさんはウキウキだ。ヤタベさん曰く、ギターの購入は少年の成長に絶対必要な要素らしい。
パーティメンバーにひとりも少年がいないが、ヤタベさんの中に住まう少年の心がいてもたってもいられないのだろう。
以前、ヤタベさんとギターを買うという話をしていた。僕に始めろというのだ。
挑戦はしてみたかったのでいい機会かなと思ってはいるが、ヤタベさんがこんなにもウキウキな感じだとは。

12月なので、外はまだまだ寒い。そんな中…

ヤタベさん、足早い。

ヤタベさんっちょっ…

早い!!
ギターが楽しみ過ぎてどんどん先行っちゃう!

電車内でもヤタベさんの興奮は冷めない。

ヤタベ
ヤタベ
やっぱ出会いだよな。ギター買えて当然のところでギターと出会ってもしょうがねぇよな。

と、いうと?

ヤタベ
ヤタベ
ばかお前、リサイクルショップだよ

確かに、リサイクルショップに売っているギターは雰囲気はある。
出会いって感じがする。

新高円寺でギター探し

と、いう訳で。とりあえず新高円寺にきた。

ここから高円寺を目指す。リサイクルショップを探しながら。

しかし、新高円寺の商店街は閉まるのが早い。
どのお店もシャッターがしまっている。

「お。ギターはあるかギターは?」

閉店後の店だろうがなんだろうが、ヤタベさんはおかまいなしでギターを探す。
しかし、なかなかお目当てのギターが見付からない。売ってる店ないっすねヤタベさん。

「腹減ったな。」

だんだん「ご飯>ギター」になって来ている。
ヤタベさんのエネルギー切れが近い中、やっと見つけました。リサイクルショップ。

これは良い雰囲気だ。期待が高まる!

出会いと早いお別れ

ヤタベ
ヤタベ
あ!!ギターじゃねえかこれ!?

声がでけぇ!しかし手にしていたのは紛れもなくギター。なんか良い感じのギターだ。これはまさしく出会いだろう。

ヤタベ
ヤタベ
これいくらですか?
お店のひと
お店のひと
あーまだそれ売り物じゃないんですよ。売るかもわからないんですよね。

なんと。

ヤタベ
ヤタベ
売り物じゃないなら持って帰ってもいいんじゃねぇか

良い雰囲気での出会いだったのに。これには僕もかなり残念だ。

期待を込めて阿佐ヶ谷のリサイクルショップへ

こうなりゃグーグル先生に聞くしかない。
一番近いリサイクルショップの場所を調べ、そこに向かうことに。
一駅歩くことになったが、僕とヤタベさんは歩くの好きなので、
全然問題にならない。

歩きながら、久しぶりにヤタベさんとゆっくり話した。

ヤタベ
ヤタベ
樹木希林はすげえなあれは、あれはすげえ。

樹木希林の演技に恐れおののくヤタベさんの話をききつつ、
途中、ヤタベさんが会社からいなくなってしまうという実感が少し沸いたが、
しんみりしたくないので、構わずくだらない話をした。

思ったより歩いて、やっとリサイクルショップの前に着いた。

ヤタベ
ヤタベ
腹減ったぞ俺は

ヤタベさんはこんどこそ限界だ。果たしてギターはあるのか。

ヤタベ
ヤタベ
お前ってやつはほんとにそういう奴だよな。

こうしてヤタベさんとの、ギターを買う度は終わりを告げた。

お元気で

結局僕はギターを購入できないまま、ヤタベさんは退職してしまった。
ヤタベさんの退職から数週間後、休日にヤタベさんから1本電話があった。

ヤタベ
ヤタベ
おうギター買ったぞ。届けてやるから、家を教えろ。

ヤタベさん、ギターを探してくれました。感動です。

家の近くまで、わざわざ届けてくれました。
ギターを僕に押し付け、一言。

ヤタベ
ヤタベ
じゃあ俺はもう、去るからよ東京から。頑張んなさい。

そういって、颯爽と帰っていきました。

ヤタベさんは僕が使うロックという言葉を嫌うかもしれないけど、
これがロックか。

ヤタベさん、本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

ABOUT ME
じゅんじゅ
じゅんじゅ
カラオケとゲームと漫画ばっかりの残念な人。握力右19キロ・左21キロとコントローラーさえ握れなくなりそうな始末。人生コンティニューご所望。