デザイン

エクセルでハイパーリンクを一括設定!5分で備わる仕事テクニック


エクセルって美味しいデザートみたいな名前してますね。
どうもケーワン編集部です。

本日は、エクセルのハイパーリンクについて。
数が多いといちいち設定するのが面倒ですよね。

今回は、そんなエクセルにハイパーリンク設定を一括でできてしまうテクニックをご紹介します。

知ってるよそんなのは!!って方はスルーしてくださいね。

エクセルのハイパーリンク設定はダブルクリックでできる

エクセルにハイパーリンクを設定すること自体はとても簡単です。
URLをいれたセルを、ダブルクリックするだけ!ちょろいもんです。

右クリック→ハイパーリンクの編集で、URLの表示文字列を変更できたりもします。
これでどこのサイトか、どのページかをわかりやすく表記できますね。

ちなみにちょっと横道にそれますが、Googleドライブファイルストリームから、
ドライブに入れた画像をセルにリンクとして表示させることもできます。ドライブのURLを引っ張る必要がなく、
エクセル内での設定が可能です。

URLがたくさんある場合は指がぶっ飛びそうになる

エクセルではダブルクリックでハイパーリンクを設定できることはわかりましたが、
列にずらっとリンクが貼ってあったらどうしましょう。

うーんすっごいしんどい。

指がお亡くなりになる前に、手っ取り早く一括で片付けちゃいましょう!

一括で設定が可能なHYPERLINK関数を使おう!

困ったときは関数と相場が決まってますね!という訳でご紹介するのがこちら、
「HYPERLINK関数」!名前がもう、一括設定のエース感出てますね。
右上にある関数の挿入からも選択できます。

一列一気一括でハイパーリンクが設定できる!


こいつを使えば、一括でまとめてハイパーリンクの設定が可能です。

いざ使ってみましょう。URLが記載されている列の横にHYPERLINK関数を挿入します。

折角なんで分かりやすくズラーッ。簡単ですね。

URLによってはハイパーリンクに設定できないものもある

ハイパーリンクの一括設定、めちゃくちゃ便利ですが、URLによってはハイパーリンクに設定できないものもあるんですね。これに気を付けないと、HYPERLINK関数を挿入しても、エラーがでてしまいます。

URL先頭のプロトコルに気を付けよう


ハイパーリンクの設定する際、URLがwww.から始まるものに関しては、
HYPERLINK関数を設定することができません。https://のようなプロトコルが必要となりますのでご注意を。

ハイパーリンクを一括で削除するには?

ハイパーリンクの設定はカンペキですね。しかし、爆裂な気まぐれでやっぱり削除したい!ってなるかもしれません。
削除に関しても、ひとつひとつクリックするなんてことはしなくて大丈夫です。

右クリックから簡単にできる

HYPERLINK関数であれば、そのまま消せば問題ありませんが、記載したリンク自体がハイパーリンクになっているケースで使えます。

セルをドバーッと選択。URLが記載されているセルが分かれている場合はctrlキーでひょいひょう選択していきましょう。

右クリックバシッ
「ハイパーリンクの削除」どん。

これだけで一括削除できます。むちゃんこ簡単ですね。

ハイパーリンクを一括で開きたい!

折角設定したハイパーリンク。どうせならエクセル上で一気に開きたいですよね。
手っ取り早く一括で開く方法はありませんが、一応手段はあります。しかしこれ、エクセルほんとに詳しくないと、難しいんですよね。こればっかしは一括で!みたいな簡単な話ではありません。

マクロ設定で可能!

はいでましたマクロ。エクセルでこれを組めたら一人前なんですが、自分はまだ半人前なので、まったくわかりません。どうだこのやろう!という訳で、参考になるリンクを載せておきます。ここらへんのエクセル大先生方を参考にしてつかあさい。

■参考サイト様
エクセルの学校『ハイパーリンクの一括オープン』(龍の字)
【Excel VBA】カンタン!Excelに記入されている複数のハイパーリンクを一括でオープンする

エクセルでのハイパーリンクはHYPERLINK関数で一括設定!

エクセルの簡単お手軽話でした。ハイパーリンクの一括設定は、どうせなら関数使って楽しちゃいましょうということです。めちゃくちゃ基本的な話ですが、知っておいて損はないので、皆様のお仕事に役立つことがあればいいな、と思います。また今度、何かしら紹介していきます。

ではでは。