※この記事は「ごった煮(仮称) Advent Calendar 2018」の9日目のエントリーです。
(ちょっと早めに記事だけ公開)

一昨年くらいからADVENTARの記事をいくつか見ていて、うちの部署(デザイン課)でも参加したいな~なんて思っていたのですが去年は気づいたら12月を過ぎており…今年の11月にGoogleカレンダーにリマインダーを仕込んで今回やっとの参加です!

ADVENTARとは?
Advent Calendarは本来、12月1日から24日までクリスマスを待つまでに1日に1つ、穴が空けられるようになっているカレンダーです。WebでのAdvent Calendarは、その風習に習い、12月1日から25日まで1日に1つ、みんなで記事を投稿していくというイベントです。
ADVENTAR

部署では情報収集などインプットを習慣化してデザインに活かせるよう推奨してるわけですが、なかなかアウトプットの機会がない。
いやデザインとしてやコンセプト作り、課題などでアウトプットを行う機会はあるのですが、”メンバーの一人ひとりが文章にまとめて公開する”という場は今までなかったので今回は部署のみなさんに全員参加してもらっています。お題はフリーなので楽しんで書いてもらえるといいな><
もちろんブログを通してケーワン・エンタープライズがどういう会社で、どんな方が働いているのか、その辺りにも興味を持っていただけると嬉しいですね。

web制作事業部デザイン課では自分も含め現在8名。
そのうち5名が入社まだ約2年未満、更に3名が未経験からの採用といった部署的には社歴・経験の浅いメンバー構成となります。
少し前に部署の課題について考える機会がありましたので、今回はその辺りについて書いてみようと思います。

webデザイナーの働く環境の課題

メンバーに「部署の課題は何だろう~?」と質問を投げかけ、各自メモって来てもらい定例MTGで発表してもらいました。
MTG時に突然ヒアリングしてもなかなか意見が出ずらい場面もあるため、事前に考えてもらうことでMTG時には読み上げるだけとスムーズです。
出てきた課題をグルーピングして、内容を整理すると大きくコミュニケーション不足スキルアップの2つが課題として見えてきました。

1.コミュニケーション不足

課題:1-1.部署内でのコミュニケーション不足
メンバー間で仕事量と内容の把握ができていない
誰がどの程度のタスクを抱えてるか判断ができない為、助け合いなどフォローが出来ない
解決案
→朝礼、日報の改善
→朝礼
個々のタスクを共有することで、日単位で部署の業務量を把握することができます。
また部署内での作業フォローを行い部署を正しく機能させ、スムーズに業務が進めることができるようになったと思います。
→日報
作業内容とは別に「報告/連絡/相談/気がついたこと/勉強になったこと/なんでも可」というコメント欄を追加。
これに対してマネジメント側がコメントを返すといった日報に変更しました。
メンバーからは進捗状況や悩んでる箇所、雑談まで結構幅広く運用している感じです。

課題:1-2.他部署間とのコミュニケーション不足
認識の違いによる、過度な修正が発生
依頼者と制作者の認識のズレが起きたり、仕様が表面的な部分のみな案件も多く出戻りが発生
解決案
→キックオフMTG、中間MTGの実施
→MTG実施
依頼側と制作側の認識を合わせることで不要な修正作業を削減。
またデザイナーから質問や提案できる場が増え、より積極的に制作に参加することでモチベーションUPにも繋がります。
もうちょっと案件に首を突っ込んでいくほうが結果的に効率的に進む気がしますね。

2.個々のスキルアップ

課題:2-1.経験の浅いデザイナーのスキルアップ
メンバー間の技術共有環境が少ない
もっと効率よくクオリティを高める方法があるかもしれないのに、最適な手段を選択できていない可能性が高くなる
解決案
→情報の共有と可視化、定例MTGでの各メンバーからの共有報告
→情報の共有と可視化、定例MTGでの各メンバーから共有報告
Backlogなどのタスク管理ツールやSlack/ChatWorkなどコミュニケーションツールを利用し情報の可視化。
Slackで用意した#web制作関連の共有チャンネルでは情報の交換などスキルに関する交流を行っています。
また定例MTGでも一人ひとりがアウトプットを行う時間も設けています。
この時間で各メンバーより業務/ツールに関する質問なども出始め、回答はマネジメント側だけでなくメンバー間でアドバイスが飛び交う場面も。
共有する場を設けることにより一人ひとりが情報を発信することが自然と増えてきました。

課題:2-2.少し業務に慣れてきたデザイナーのスキルアップ
画面設計書や仕様書通りそのままデザインしてしまう
デザイナーとして、サービス内容やユーザビリティ・目的に適した作成が必要
解決案
→デザイン思考の導入(ビジネス上の問題を解決する方法)
→デザインを通して解決へ導く
表面的な装飾だけではなく、ユーザーにどう行動させるかを設計すること。
目的を達成できることを意識して作成することにより意味のあるデザイン、成果のでるデザインを作ることを意識する必要があります。
誰がどんな目的で見ててどうなったら良いのか?制作の意図も踏まえ、デザインを通じて伝えていけると良いですね。

スキルアップとしてのチームビルディング

チーム課題としてメンバーを2つのチームに分け、お題に対してチームで取り組んでもらいました。
週に2時間までチームMTG可、Slackなどのチャットは常時可能ですが管理者も参加という枠の中で進めてもらいました。
これまでに行なったチーム課題
・webサイト制作の見積書作成
・K1ブログ改善案
・自社媒体メディアのデザイン考察と画面設計
・ロジカルシンキング課題
この課題を行った目的としては、複数人数の中で情報をまとめる能力、デザインや思考を言語化し提案する力などに重点を置きチームワークの強化を図っています。
これはデザイン課としても伸ばしたいスキルであり、社会で働く上でも便利なスキルだと考えています。
お互いの資料やプレゼンを通して、気づきやスキルアップにつながった事も多かったと感じます。

コミュニケーションの大切さ

いろいろ課題やプロジェクトを通して感じた事としては、スキルとしてのコミュニケーションの大切さ。これは”情報や目的を引き出す力”や”物事を相手に伝える力”であったり、”プロジェクトやメンバー間の問題を解決できる能力”だなーと感じます。
かなり大変なスキルだと思うのですが、どこが問題でどう動かすべきなのかを捉えられる視点と言動力があれば制作や物事は進んでいくと思うんですよね~。
以前社内研修で受けたロジカルシンキングは難しかったけど面白かったです。これを日々の考える頭の中での習慣化することできると、この辺りのコミュニケーションスキルも伸びるんじゃないでしょうか。。。

課題と今後について

このように日々の業務だけをこなすだけでなく部署やメンバーの課題解決のために様々な取り組みを少しずつでも行い、個々のスキルアップと部署レベルの底上げにより一人ひとりが1デザイナーとして一人前に育つことにより部署の体制強化による業務効率化、それに伴い結果的に会社へ貢献できるようになっていくのではないかと考えています。
まだまだ課題がすべて解決されたわけではないですが、引き続き課題と向き合い部署としてスキルアップしていけるよう環境を整えていきたいと思います。

なかなか真面目な話をしてしまいましたが…、いい機会なので書かせていただきました。
また、この記事を読まれている中で未経験~経験浅でwebデザイナーを目指している方いましたら過去に書いた記事も参考にしてみてください。
自分は未経験でwebデザイナーを目指し入社しました。 まだまだ修行中ではありますが、改めて振り返ってwebデザイナーになるために行ったことをまとめてみました。 webデザイ

ケーワン・エンタープライズで働きたい!興味がある…と思った方はブログもしくはコーポレートサイトも是非ご覧ください。
https://www.k-1.ne.jp/

以上、「ごった煮(仮称) Advent Calendar 2018」の9日目のエントリーでした。
引き続きK1ブログではadventarのエントリー記事が続々UP予定なので、お楽しみに!

※ごった煮とは
野菜や肉などさまざまな食材をいっしょに煮込んだもの。
自分は北九州出身なので、がめ煮って言うんですよね。
地域によっては筑前煮とかも呼ばれるそうですが久々に食べたくなりました。
おしまい。

この記事を書いた人

きどっち
きどっち
webデザイン担当。
起きてる時間はPCかスマホの画面を見ています。
ゲームも色々やってます。

でも視力は抜群です(^ν^)