こんにちは。じゅんじゅです。

最近は、ガン〇ム出てくるゲームとかやってばっかりでした。
俺はニュータイプになりたいんだ。

さて、3度の飯よりテレビゲームな僕ですが、アナログなゲームも結構好きです。
ボードゲームとか、大学生時代はちょくちょくやりました。

この間、1番有名なアナログなゲームはなんだろうって考える機会がありました。
まぁ、じゃんけんですよね。

じゃんけんってすごくないですか。

道具いらないし
多分日本で知らない人いないし
何を決めるにも使われる。

考えたやつマジエラい。

日本じゃんけん協会さんもこう言っている。

じゃんけんは最高の遊びであり、
選択であり、
それは即ち「人生」と言っても過言でありません。
引用:https://japan-rps.jimdo.com/

このじゃんけん。一般的に『運』のみとされてますよね。

そこに納得いかんのだ。

じゃんけんの勝ち方を知って勝つ確率を上げたい!

人生を振り返ると。

どう考えても負けの方が多い僕にとって、じゃんけんはもはや負け前提のギャンブルに等しい。

しかし逆に、じゃんけんが運だけじゃないなら、勝つ確率を上げられるんじゃないか?

ネットで知らべた所、ぐーちょきぱーを出す確率はわずかながら違うらしい。
桜美林大学の芳沢光雄教授が行った数百人で統計を取る実験では、初手はグーが多く、パーが出される確率が最も低いらしい。

しかし確率はあくまで確率。

なんかこう、ないかなー
これやっときゃいいみたいなお手軽な勝ち方。

俺の敗北に彩られた戦歴を、塗り替えてみたいんだ…

というわけで今回は。
ケーワンの方々に、確率を超える、自分だけのじゃんけんの勝ち方を聞いてまわった。

勝ち方を聞いて勝つ確率を上げよう①:アラランドさんの場合

イケメンの首から下。



まずは隣の席のイケメンハーフ。アラランドさんに聞く。

じゃんけん強いですか?

アラランド
うーん。ふつーですね。

じゃんけんで、自分だけの勝ち方みたいなものってあります?

アラランド
ないですね。ただ出すときはこれっていうのも決めてなくて、相手が何を出すか想像して手を出しますね。


なるほど。それはあまり意識していなかった。なんか適当に好きなの出してた。

ちなみに、じゃんけんって英語でなんて掛け声でやるんですか?

アラランド
海外(英語)での掛け声はRock, paper, scissors!ですね。
グーを石(Rock)、パーを(paper)、チョキをはさみ(scissors)に見立てて掛け声の後にババッと出します。


シンプルだなー。
なんだかすごいタイミングがズレそうな掛け声だ。
日本でじゃんけんの手を並べると「ぐーちょきぱー」になるけど
海外(英語)では「ぐー(Rock)ぱー(paper)ちょき(scissors)」なんだな。

ひとつ賢く?なった。アラランドさんありがとう。
じゅんじゅさん暇なんですねみたいな目で見られたけど気にしない。
懲りずに他の人にも聞いてみよう。

勝ち方を聞いて勝つ確率を上げよう②:ヤタベさんの場合

謎の写真チョイス。



社内を徘徊するケーワン名物係長ヤタベさん発見。
すごい秘策を知っているかもしれない。

じゃんけん強いですか?

ヤタベ
じゃんけんって強いとかあんのか?

じゃんけんで、自分だけの勝ち方ってあります?

ヤタベ
ねぇよんなもん。ねぇ。
あんのか?


なかった。そして全ての質問に質問で返してくる。

ボリュームに欠けるので、もう少し勝ち方を掘り下げてもらうことに。

なんかないっすかね。勝ち方じゃなくても、勝てるコツみたいなのでいいんですけど。

ヤタベ
あれだ。凄い早く出せばいいんじゃねえのか?

じゃんけんの奥義「早出し」はずっこい
さすがヤタベさん。勝ちに貪欲である。

これ、何回かやられたことある。

急に『じゃんけん!』って言われると
人はとっさにグーを出しがち。というあれだ。

確率的にもグー出しちゃうらしいし
ずっこいけど意外と勝ち方なのかもしれない。
ずっこいけど。

ありがとうございました。と告げると『おう』と短い返事を返したヤタベさん。
また他部署へと消えていくのだった。さすが引っ張りだこのヤタベさんだ。

席に戻るのは3時間、いや4時間後か…。

勝ち方を聞いて勝つ確率を上げよう③:ハラペーニョさんの場合

色黒色男である。



お、後ろの席にハラペーニョさんが。
博識で、雑談・お話大好きなハラペーニョさんなら、なにか凄まじい秘策を携えているかもしれない。

じゃんけんで、自分だけの勝ち方ってあります?

ハラペーニョ
ありますよ。

まじですか!どんな勝ち方なんですか?

ハラペーニョ
後出しっていうんですけど


じゃんけんは正々堂々やろうよ。

なんだうちの課は。早かったり遅かったりズルの見本市か。
やっぱこんなバカげたテーマで記事を作成するなんて無理だったんだ。

じゃんけんの勝ち方をテーマに記事書きたいんですけどって言った時のヤギさん(上司)のひきつった顔が頭を駆け巡る。

いや待て待て。まだわからない。もしかしたら絶妙に出すタイミングを遅らす高等インチキテクの可能性もある。
それはイカサマながら勝ち方になるんじゃないのか。

それは出すタイミングを絶妙に遅らせるテクニックか何かですか?

ハラペーニョ
いや、じゃんけんぽん       ぽん くらいに出します。
後出ししちゃダメって最初に言われなければ勝ちですよね。


うちの部署は姑息な人ばかりだった。

どうしたものか…。記事のオチがつけられないでいる。

こうなりゃ誰でもいい!友人にも範囲を広げ聞きまくる!
誰でもいいからマシな情報をくれーーーッ!

勝ち方を聞いて勝つ確率を上げよう④:友人がくれた一筋の光

というわけで使えそうな勝ち方をゲットした。これはいいんじゃないのか。
ご紹介しよう。

①まず3回勝負にする

まずはこれが一番大事。
1回勝負だとこの勝ち方は使えない。
あくまで勝負数を引き延ばすことが重要なのだ。

②初回は普通のじゃんけんする

1回目は自分の好きな手を出そう。何を出してもいいが、一応勝つ気で。

③1回戦目に相手が出した手に勝てる手を二回戦目に出す

1度目の勝負で相手が出していた手を覚えておき、それに勝てる手を出すといいんだとか。
1度目の勝負で相手がパーなら、2戦目でこちらがチョキを出すといった具合ですね。

④繰り返し

2回戦目で出してきた手に勝てる手を3回戦目で…と、ループさせていく。

…理論は全然わからんちんだが、なんとなく良さそう!

試したいな…どこかにいないかな
急にじゃんけん!とか言い出してもドン引きしない人。





ヤタベ
おいJJ。なにしてんだお前は。

※JJ…ヤタベさんが僕につけた意味わからんあだ名

丁度いいところにヤタベさんが帰ってきた。部署巡りツアーを無事終えたらしい。
ヤタベさん。じゃんけんしましょう。
ヤタベ
おう。いいぞ。勝つ。

さすがヤタベさん。
悪いが、さっそくこの必勝テクの犠牲者になってもらおう。







だめじゃねえか!

なんだよこの勝ち方。セルフ3タテしちゃったぞ。
ヤタベさんに『お前は何がしたかったんだ』と飽きれられたので、先ほどの勝ち方を説明。

ヤタベ
へー。じゃあ今度はオレが試してみる。


と、通りかかったずみしーにじゃんけんを仕掛けるヤタベさん。
目が合っただけでポ〇モン勝負を挑んでくるトレーナーのようだ。

対決。



おもっしろくねえ結果になった。

ヤタベ
や。もっかいぐらいやってみないとわかんねえだろ。


というわけで再度じゃんけんを挑むヤタベさん。
正直ちょっと飽きてきてるんだけど言いにくい感じになったな。

というわけで対決。



もう何が正しいのかわからんね。やっぱりじゃんけんは確率ゲーなんだろうか

じゃんけんの勝ち方を聞いて勝つ確率を上げよう⑤:自分で気づいた活路

でもこれらの結果を見ていて少し気付いたことがある。

①あいこ時、次に同じ手を出してくる確率は少ない。

②初回負けた場合。相手が前回出した手に勝てる手ではなく、前回出した手をだせば勝てていたシーンが多い?

③初回自分が勝った場合。相手の2手目は自分が1手目に出した手をだす確率が高い?

これらを踏まえていけば、イケるんじゃないか?





実験してみた結果…。

動画は撮っていませんが、なんと4人抜き!
圧倒的に実験人数足らないけど、なんとなく勝ちやすい予感がする。多分。

ちょっとまとめてみました。
じゅんじゅなりのじゃんけん攻略法

3回勝負にしてもらう。②
1戦目が自分の勝ちだった場合:2戦目は、1戦目に出した自分の手に勝てる手を出す。③
1戦目が自分の負けだった場合:2戦目は、1戦目に相手が出していた手を出す。


初手があいこだった場合:2戦目は、1戦目に出した自分の手に負ける手を出す。
(2戦目に負ける確率が少ない。)

②~③の繰り返し。
原理はまったくわからんが
是非、お友達とかに試して頂きたい。

新しいじゃんけんの勝ち方で確率を超えた気がする

その後、勝率は調子いいです。
やっぱり良い勝ち方だと思うんですよね。これ。

プラシーボ相まってじゃんけんを強気でできるようになった。

まぁでも、3回勝負にしてもらえないときもあるので、
そのときはもう普通の確率にしたがってじゃんけんするしかない。
今後も使っていきますよ俺は。

じゃんけんニュータ〇プを目指します。

この記事を書いた人

じゅんじゅ
じゅんじゅ
カラオケとゲームと漫画ばっかりの残念な人。握力右19キロ・左21キロとコントローラーさえ握れなくなりそうな始末。人生コンティニューご所望。