生活お役立ち

男性育休体験談~パパがやる事とか感想とかまとめ~

※この記事は「子持ち・子育て社会人 Advent Calendar 2018」の18日目のエントリーです。

前回の投稿で、プレパパにおすすめのアプリ「パパninaru」の紹介記事にも書きましたが、一ヶ月半ほど育休取得してきました!

これから父親になる人(プレパパ)に便利なアプリ「パパninaru」を使ってみて感じたこと こんにちは^^ 結婚してからは金遣いの粗さを改めて、100均のウォーターボトルにカルピスを入れて持ち歩いたりして小銭を節約...

ってなわけで、男性育休の体験談もまだまだ少なかったので、育休中にパパがやるべき事とか、育休とったらこんなにいい事がたくさんあるよ!
って事を体験談を兼ねて紹介しようと思いました。

育休入る前に思ってたこと

これから始まる長期休暇にワクワクしてた

これから始まる長期の休暇に、正直めっちゃくちゃワクワクしてましたヽ(`▽´)/

1ヶ月半休暇とか、やりたかった事がなんでもできる!

これだけ時間があれば育児やママのフォローの他にも、普段時間がなくて出来なかった事がたくさんできると、とても楽しみにしてました!
ですが、実際に休暇に入ってみると、思った以上にやらなければならない事が多くそんな事は言ってられませんでした…(^_^;)

 

育休中の生活について

育児休暇中は大きく分けて以下のシーンで生活が大きく変わりました。

・出産からママが退院するまで
・産後~1ヶ月検診が終わるまで
・1ヶ月検診後から業務復帰まで

以上、各シーン毎に体験談と積極的にやった事とかをまとめました。

出産からママが退院するまで

日曜日の夜中にママに陣痛が来ましたので、そのまま月曜日から育休をいただく事になりました。

病院では陣痛で激痛がとてもひどく、必死にママの背中を押してました(←痛みが和らぐとの事でした。)
後で聞いたのですが、出産までずっと側にいることで、とても安心してくれた様です^^

そのまま立ち会い出産となり、出産の瞬間に思ったことは

うおっ、でかいのでてきた!

とか、そんな事考えてましたw

立ち会い出産をするか悩んでましたが、僕としてはやってよかったって思いました!

【立ち会い出産してよかった事】

  • 出産までママのフォローができる
    陣痛中に一人の時はかなり不安との事で、声を掛けたり、手を握ったりしてるだけでも、気持ち的にかなり助けられたとの事でした。
  • 家族の為にがんばる意識が強くもてる
    頑張って命がけで出産してるママの姿を見て、感謝の気持ちと、これからがんばろうって意識を強く持つことができました。

産後はそのまま入院となり、検診に問題がなければ5日間程度で退院となります。

赤ちゃんお出迎え!1ヶ月検診まで

退院は車でお出迎えです。
車となると子供はチャイルドシートの使用が法律で義務付けられています。
西松屋でめっちゃかわいいプーさんの新生児から使えるチャイルドシートを購入してますので、お迎えの準備は万全です。

ちなみに何故かタクシーだとチャイルドシートが免除されているとのことで、理由が気になったので調べました。

「タクシーは様々なお客様を乗せるサービスの為、チャイルドシートをタクシーに用意しておくと、たくさんの荷物を持ってる方、車椅子や医療器具を持参している方に十分なサービスが提供できない可能性がある」

との事ですが、そう考えるとタクシーでママが抱っこしてるだけじゃ、安全と言える根拠ないじゃん(^_^;)
ママがシートベルトをして赤ちゃんは抱っこ紐でがっつり固定すればいけるかな?とも思いましたが、どうせこれから何回も使うし!って事でチャイルドシート購入しちゃいました^^

そんなこんなで、これからママと赤ちゃんと三人での生活が始まりました。

赤ちゃんお迎え後は、特に体力や足を使うことを積極的に行いましたが、とにかく慣れない育児と夜泣きで疲れはてておりました(><)
もし育休とってなかったらって思うとゾッとします…((( ;゚Д゚)))

1ヶ月検診後から業務復帰まで

さて、楽しくも大変な育児休暇も残り半月程となりました…
1ヶ月検診も無事に終わり、少しずつ赤ちゃんと外出ができるようになってきます。
それからの日中は少しの時間でも近所を散歩したり、近くのカフェやアウトレットに買い物に行ったりと、ゆっくりと家族の時間を楽しむことができました^^

また、この時期にフリマアプリでメリーを譲ってもらいました。
めっちゃ気に入ったのか笑顔が増えたり、夜泣きが減ったりとかなり助けてもらえました(^^♪

 

パパが育休中にやるべき事

育休中に、これやってよかったな!って思った事をまとめました。

【出産後~退院するまで】

  • 出生手続きで区役所や保健所行く
    出生届や育児手当やらの手続きに行きました。育休取得してなかったら有給使わないといけないですね…
  • できるだけママと赤ちゃんに会いに行く
    お昼の13時から面会最終時間の20時まで行ってました。
    入院中は想定外に必要なものが出てきたりしますが、育休をとっていたので困ることなくすぐに持っていくことが出来ました。
  • 空いてる時間は部屋の掃除をして、赤ちゃんの出迎え準備
    ベビーベットとか着替えとかは既に準備が出来ていたので、特に掃除に力を入れてました。
    見た目だけ綺麗にするだけじゃなく、アレルギーやハウスダスト対策で空気清浄機のフィルターを掃除したり、拭き掃除をしたりと徹底的にやりました。

【赤ちゃんお迎え後~】

  • 食事の用意や洗い物
    自慢じゃないですが料理は全然出来ないです。
    子供の頃にカップ焼きそばのお湯を抜かないでソースを入れた事があります。
    そんな僕でも立派なおかずが作れるミールキットを使いました。

    ミールキットとはなんぞ?
    ミールキットとは、献立(食事、meal)を調理するのに必要な材料一式(kit)がセットされたもの。カット済みの肉や野菜、調味料など人数分の材料と、レシピが同梱されていて、10分程度で簡単におかずを作ることができる。
    つまりは料理のプラモデルみたいなものです!
  • 洗濯とゴミ出し
    これも体力を使うので、積極的にやりました。
    大人と赤ちゃんで洗濯物を分けたりしてたので、洗濯機を回す回数も多く大変です。
  • 授乳
    3時間おきに授乳をするので、一人でやるとかなりきついのでママと分担してやりました。
    ミルクを飲み切るのも30分位かかったり、飲んだ後はちゃんとゲップをさせたり、つかった哺乳瓶を熱湯消毒したり(うちは電子レンジでやってました)時間もかかります。
  • おむつを変える
    これはママと分担してやってました。
    コツをつかむと大をされてもスムーズに処理することができますw
  • 沐浴をする
    体力を使うので積極的にやると、ママにとても喜んでもらえます。
    毎日やっていると、軽く腕が筋肉痛になりますw
    洗った後も拭いたり、拭いたり、保湿や着替えで大変なのでそこは二人で協力してました。
  • 育児に使う消耗品を買いに行ったり、フリマアプリ等を使って育児用品を安く調達
    育児用品は結構お金がかかりますがができるだけ節約に努めてました。
    おむつやらミルクやら消耗品はドラッグストアで安い時に大量買いたり、フリマアプリ使ってベビー用品も格安でいろいろと譲ってもらってました!
    育休中なので土日をまたずに、すぐに回収にいけたのが良かったです(*^_^*)

育休を振り返って思ったこと

新生児の育児はママのワンオペでは無理ゲーすぎる!

育休取らないで、ママのワンオペ育児だとかなり厳しいなと思いました。
世間では産後鬱になってる人も多く、確かにこれは納得…といった感じでした。
育休をとって自分なりには頑張っていたつもりでしたが、それでも何度かママを怒らせてしまう事があったりして、育休とってなかったらこれじゃすまなかったなって思ったりしてました…(^_^;)

赤ちゃんとのかけがえのない時間を満喫する事ができた

出産から新生児の育児と1ヶ月半の期間でしたが、この期間でも体も大きくなって握る力が強くなったり、呼びかけたら笑ってくれたり、外出許可が出て一緒にお出かけしたりと、たくさんの変化がありました。

もう二度とこない新生児の期間を家族でゆっくり過ごす事ができました。

自分の事に使える時間は思ったよりもかなり少なかった!

1ヶ月半の休暇で業務のブランクが発生するので、ワードプレスでのサイト制作やwebデザインしたり、また普段会えない友達に会ったりと予定を立ててましたが、思っていたよりも自分の事に使える時間はかなり少なかったなって思います。

なんとか時間を見つけてパソコンを立ち上げたと思いきや、どこからともなく泣き声が聞こえたり…(^_^;)

とはいえ、1日1時間は絶対にパソコンの前に座り、育休終了までに、なにかスキルを身につけるっていう目標を自分の中で作って実行してました^^

 

最後に

と、こんな風に大変だったり、よかったなって事ばっかり書き綴ってきましたが、男性が育児休暇を取得する事はメリットばかりではないと思います。
仕事のキャリアやスキルの停滞、会社によっては元の部署や職種に戻れなかったりするかもしれません…((゚Д゚;))ガタガタ

他にも育休中は手当が出るとはいえ、収入ががっつり減ります
ですが、家族との貴重な時間を買ったと思ったら全然安いものだと思いました。

僕としては、絶対育休とった方がいいよ!とは言い切りませんが、
もし育児休暇を取得できるなら、おすすめはしたいなって思います^^♪

最後に今回の育休の取得に当たり、フォローいただいた皆様、本当にありがとうございました!

ケーワンでは男性でも育児休暇を取得して、またスムーズに業務復帰する事もできます。
デザイナーやプログラマー等、様々な職種を募集しておりますので、
気になった方はオフィシャルサイトを是非御覧ください♪

ABOUT ME
むらずん
むらずん
千葉生まれ東京育ちのwebクリエイターです。 趣味はバンドでビジュアル系歌います。 バイクに乗るのもいじるのも好きで休日はよく出かけます。