生活お役立ち

手放せないコピペツールClibor(クリボー)の使い方。

どうもじゅんじゅです。

最近一気に寒くなってきましたね。
しかしまだ2枚でイケます。脂肪という名のウェアがなかなかに優秀です。
これで冬休みもゲームに勤しめますね。健康診断が楽しみです。

今日はいつも使っている便利ツールについてご紹介しようと思います。

その名もコピペツール『Clibor(クリボー)』。とっくに使ってんぜそんなの!って人も多いかもしれませんが、まぁいいよね。

Clibor(クリボー)のイカした使い方を説明していきますぜ。

Clibor(クリボー)の使い方①:コピペの履歴がジャンジャン残る!

使い方は簡単。
Clibor(クリボー)を起動した状態で、
適当な文章をコピー(ctrl+C)します。
試しに何個かコピーしちゃいましょう。

ctrlキーを2回タンタン。

Clibor(クリボー)のボックスが出てきましたね。
ここにコピペした文章が保存されていきます。

『2』以降の文章を出したいときは、ボックスを出したまま矢印キー↓で選択。
オレンジのカーソルが、貼り付けたい文章にたどり着いたらエンターキー。

あとは貼り付けたい場所に『ctrl+V』でドン。
Clibor(クリボー)の使い方、超絶簡単ですね。

Clibor(クリボー)を起動しておけば、
コピペした文章がどんどん保存されていくので、ちょっとしたメモ代わりなんて使い方もできます。

Clibor(クリボー)の使い方②:定型文

Clibor(クリボー)でよく使う文章は定型文にして保存しておけます。メールのテンプレ置き場みたいな使い方もできて、便利です。

ctrlキーを2回タンタンした後。矢印キー『→』。もしくはカーソルで『定型文』を選択。

定型文を作りたい場所にカーソルを合わせ右クリック。『編集』で好きな文章を作成できます。

Clibor(クリボー)の使い方③:FIFOモード・LIFOモード

Clibor(クリボー)の使い方のひとつとして、単純な作業に便利な連続貼り付け機能。FIFOモード・LIFOモードなんてのがあります。
隠れているインジケーターを表示して、Clibor(クリボー)を右クリック。

『FIFOモード』『LIFOモード』ってのがありますね。今回は『FIFOモード』の使い方から。
コピーしてた履歴が一旦消えます。連続で貼り付けたい文章をどんどんコピペしましょう。


先ほどの様に履歴がたまっていきますね。
通常モードのClibor(クリボー)だと、複数の文章をコピぺした後は、

いちいちクリップボードを開く⇒貼り付けたい文章を選ぶ⇒貼り付け

という使い方をしますが、この『FIFOモード』は、
貼り付け(ctrl+V)を連打すると、コピぺした順に文章をガンガン張り付けてくれます。

こんな感じ。

GIFにしたところでわかりにくい
いや使い方次第で便利なもんなんですよなかなか。

ちなみに『LIFOモード』はコピペした最後の文章から遡って貼り付けてくれます。

Clibor(クリボー)の使い方を覚えればお仕事上手も夢じゃない

Clibor(クリボー)。とてもお世話になっているツールです。
知らんかったという人は是非使ってみてください。使い方も簡単で、結構おすすめです!
ややこしくなくて好きなんですよね。
僕は早くスマ〇ラに没頭したいのでさっさと帰ります。
また、何かの使い方を紹介したくなったら書いていきます。

ではでは

ABOUT ME
じゅんじゅ
じゅんじゅ
カラオケとゲームと漫画ばっかりの残念な人。握力右19キロ・左21キロとコントローラーさえ握れなくなりそうな始末。人生コンティニューご所望。