どうもじゅんじゅです。

最近、エクセル関数を使うことが多くなったので、知っておくと得するかもしれないおすすめ関数をご紹介します。

その名も…フォネティック関数

知ってんよそんなの!という方もいるかもしれませんが、かなり便利でした。

ちなみにこのフォネティック関数、スプレッドシートでは使えないので、エクセルで使用する必要があります。
なんかいろいろしたらできるそうですが、手っ取り早くエクセルで紹介しますよ。

漢字をサッとカタカナに!

フォネティック関数は、簡単にいうと漢字にフリガナを振ってくれる関数です。

まず適当に文字を打ちます。

適当の極み。

横にフォネティック関数を入れましょう。

=PHONETIC(〇〇)

関数の引数というボックスがでてきます。

カタカナにしたい文書が入っている場所をクリック。
OKを押すと…

OH。カタカナになりましたね。

ひらがなにもできます。カタカナになったセルを選択して、『ホーム』⇒『ふりがなの表示/非表示』⇒『ふりがなの設定』で
変更することができます。

コピペしてきた文章に使うと…?

フォネティック関数にもちょっとした弱点があります。なんと、コピペしたセルの漢字はカタカナにできないんです。
エクセル内で打った文字をフリガナにしているそうで、エクセルの外から持ってきたデータには効かないとのこと。
エクセルは部外者に厳しいんですね。

例えばここからコピーしたとして

貼り付けて、フォネティック関数を入れる。

なんか怖い。
だんだんと正気が保てなくなる人って感じになりましたね。
ちくしょう。漢字がカタカナにならないじゃないか。

コピペしてきた文章でもカタカナにできる!

しかし、あくまでちょっとした弱点。対策があります。

普通にやればもちろんできませんが。フォネティックを入れた後、元の文章を選択し、
Alt+Shift+矢印キー『↑』を押すと…

フリガナが出てきた!そのままエンターキーを2回タンタン。

カタカナになった。こうすればエクセル内で一度打ってなくてもカタカナにしてくれます。

しかしこれ、たくさんある場合はひとつずつやらなきゃいけないんですよね。
選択して一気にできたら気持ちいいんですが。

あと、難読地名など癖のある漢字は要注意。時々変なフリガナを振ったりします。
確認しつつが良いですね。

フォネティック関数には今後もお世話になっちゃう

ざっと流れで説明させていただきました。エクセルのまとまったデータ入力の時にすんごい便利です。
またなにか覚えたら早めに書きます。忘れちゃうから。

では。

この記事を書いた人

じゅんじゅ
じゅんじゅ
カラオケとゲームと漫画ばっかりの残念な人。握力右19キロ・左21キロとコントローラーさえ握れなくなりそうな始末。人生コンティニューご所望。