某日。とある雑談。ケーワン名物係長ヤタベさんとの会話。

 

ヤタベ
おめぇは、スポーツやってなかったのか?スポーツ


僕「一応やってましたよ。卓球っていう部活カースト最下位のスポーツですけど。」

ヤタベ
へぇー、強いの?


僕「中学の時はそこそこ…部内ではって感じですね。」

 

 

ヤタベ
絶対負けねぇぞ俺は


 

 

という訳で全自動で卓球勝負をすることになった。ヤタベチャレンジ復活。

過去のヤタベチャレンジ一覧↓↓↓↓

最近ヤタベ氏のチャレンジ企画が無いと 社内で心配の声もちらほら、あるとかないとか… 今まではヤタベ氏単体でのチャレンジを 追いかけてきましたが 今回はヤタベ氏と

さーてBLOGでも書かなきゃーって 自宅のPCに向かうと嫌なピー音から デスクトップのメインPCが恐らく飛びました。。。 現在ノートPCで作業しながら メインPC復

つい先日、2月23日 世の中は東京マラソンの日と言うことで 朝からTV中継をして大変盛り上がっておりました そんな中、ヤタベ氏より 東京マラソンの抽選にハズレた

 

 

とそこへ…

 

ヤギ
まてまて、ならまず俺にタベさんにリベンジさせろ!


 

 

と力強い挑戦状。

 

以前卓球対決をした際に、ヤギさんはヤタベさんに敗北を喫している。

 

野球・スノボ・キャンプ何でもこなすアクティブの権化なヤギさんだが、細かいスポーツは苦手なのだろうか。

 

何にしろこの試合、見ものだぞ!

 

というわけで、3人でやってきました。卓球場。ビリヤード場の隅にある。

 

ビリヤード場。卓球場は撮り忘れるミス。
 

 

僕はマイラケットを持参。やる気マンマンです。

 

年季入ってます。
 

 

 

いざ、勝負の時。

 

初戦はヤギさんVSヤタベさん。

ポケ〇ンの戦闘画面のようだ
 

 

ヤタベさんはペン。ヤギさんはシェイクだ。

なんとなく性格が出ている気がする。

 

何球か練習した後、試合開始!

11点マッチ。2セット先取だ。

 

ヤタベさんのド迫力の高速サーブ!

早い。このサーブを取るのは困難だ!

サーブを武器にどんどんと点をとって行く!

 

1セット目はヤタベさんに軍配が上がり、11-4と大差での決着となった。

このままでは圧倒的にヤタベさんの有利だ。

折角だからいい勝負が見たい。

なんかウザったい奴に思われそうだが、ここは言わせてもらうしかない!

 

僕「ヤタベさん。そのサーブ、反則っすよ。

 

 

 

 

 

 

ヤタベ
え?そうなの?


 

ヤタベさんのサーブは手元から直接打たれる。それはもちろんすごいスピードになるが、

卓球のサーブは16㎝以上トスをしなくてはならない。16㎝以下のトスがら繰り出されるサーブはダメなのだ。

 

あくまで公式ルールなので、エンジョイする卓球には無用だと思う。

まぁ試合展開おもしろくしたいし、いっか。

 

ヤタベさんはじゅんじゅの指摘を受け入れ、トスを上げサーブすることに。

 


何かぎこちなくなった。

トスもちょっと怪しいが、サーブのスピードが落ちたので、良い勝負になるのでは。

 

チャンスと言わんばかりに、ヤギさんの反撃が始まる!

 

次々とヤギさんに得点が入っていく!2セット目は11-7でヤギさんの勝利!

 

ここから取っては取られの戦いが始まった。

 

 

 

ヤギさんがリターンミスしたかと思えば

ヤタベさんがサーブをミスり、

 

ヤギさんがスマッシュを外したかと思えば、

ヤタベさんがサーブをミスる。

 

 

勝負は1セットオールとなり、

ヤタベさん10点、ヤギさん9点と佳境を迎えた!

ヤタベさんはこの一本をとれば勝ちだ。

逆にヤギさんがとれば、デュースになり、まだ勝負はわからない。

 

その運命の一球は、是非動画でご覧いただきたい。

 



 

 

 

というわけでデュースにもつれ込みました。

 

 

結果、勝ったのは…

 

 

 

 

ヤギさん!リベンジ成功。

 

 

俺はやった。
 

 

爽やかなガッツポーズを見せてくれた。なんて様になる人なんだ。

ヤタベさんは試合が終わったあとも、悔しかったのか無言で立ち尽くしている。

 

 

悔しみ溢れるヤタベ氏
 

 

こうして因縁の対決はヤギさんの復讐によって終わった。

 

そのとき。

 

ヤギ
じゅんじゅ!入れ!頂上決戦だ!


 

 

ひえ。きた。凄い買いかぶられてるのはさておき、数年ぶりの卓球。

ちょっと緊張する。ちゃんと打てたらいいけど…。

 

試合が始まり、心配は的中する。腕は結構ボロクソになっていた。

 

なんとか返せるといったところだ。やばい。バレない様にしないと。

 

 

 

 

ヤギ
さてはおまえ大したことないな!?


 

 

バレた。

 

即効バレたよ。どうしよう。

ヤタベさんは横でずっと僕にヤジを飛ばしている。

 

 

 

 

ヤタベさんに飛ばされた酷いヤジランキング。

3位。

ヤタベ
もっとビシュッってカッコよく打てないのかよ


2位。

ヤタベ
なんだお前は なんなんだ。


1位。

ヤタベ
お前の卓球はつまらない


 

 

 

言われたい放題だった。

 

なにくそ。言われっぱなしっじゃいられない!

なんとしてもこのお二人には勝たなければ!

 

ヤギ
本気で、遠慮なしで来い!!


 

だんだん思い出してきた。サーブだ。もっとキレるサーブを!

 

そこから怒涛のサーブ攻撃。

ヤギさんはなかなか取れず、ヤタベさんはずっと僕にヤジを飛ばしてくる。

 

ヤギさんはヤタベさんに、

『あいつのサーブじっくり見といて!謎を解明して!

と指示を出している。

 

マズい。ヤタベさんにはサーブ攻撃が通用しないかもしれない。

 

なんとか、ヤギさんからセットを先取することができた。あと1セット…!

が、ここで驚愕のルールが発覚する。

 

ヤギ
1セットでも俺がとったら、俺の勝ちね!


 

えっ

 

 

 

普通に1セット取られた。

プレッシャーに弱いんですよ。

 

 

 

さて、残すはヤタベさんとの対決。

サーブはじっくり観察されてしまった。

 

負けるわけにはいかない。ヤジを飛ばされた恨みを晴らす!

長くなるので詳細は省きますが、結果は…

 

 


 

 

 

僕の勝ち!どうだー!うおおー!

 

ほぼサーブで勝てた。

 

ヤギさんに『何を見てたんだよ!』とヤジられるヤタベさん。

 

ヤタベさんは僕をヤジることで忙しかったため、サーブなど見ていなかったのだ

 

戦いは終わった。

 

あとは軽く打って帰ることに。

 

『カッコいいショットが打ちたい』とヤタベさん。

 

ヤタベさんの熱血な練習をご覧あれ。

 



 

良い運動した帰りは健やかな気分だ。

 

ヤタベさんは思いのほか汗びっしょりだった。

 

男の背中だぜ
 

 

 

また新たな戦いを探しにいくのだろう。

というわけでヤタベさんと自分の土俵で戦ってみたいという方は是非ご連絡を。

ヤタベさんはいつ何時、誰の挑戦でも受けます。

 

 

次回はどうなる!ヤタベチャレンジ!!

 

この記事を書いた人

じゅんじゅ
じゅんじゅ
カラオケとゲームと漫画ばっかりの残念な人。握力右19キロ・左21キロとコントローラーさえ握れなくなりそうな始末。人生コンティニューご所望。