社内制度

職場の問題を解決!部署スローガンができるまで…

こんにちは。
先日、電車の車内でコートの第2ボタンが吹っ飛んだと話題の moro です。
いや、話題になんてなってないし・・・。はい、でも飛びました。ズッポーんってな具合にね。

第2ボタンが吹っ飛んだ

ということで、今回は第2ボタンの真相に迫る!というお話ではありません。。。

ところで、皆さんはお勤めの会社の「企業理念」って言えますか?

ヤギ
もちろん全員野球!っしょ
すがち
え~っと、アレですよアレっ!
ヤタベ
まぁその、生涯現役だな…。
TKD
目指せ甲子園だろ!
じゅんじゅ
ん?企業理念ってなんすか?

企業の数だけ答えはあると思いますが、この場を借りてケーワン・エンタープライズの企業理念をご紹介したいと思います。

ケーワンエンタープライズの企業理念

「我々は心を込めた仕事で関わる全ての人を幸せにする」

折角なので、弊社のオフィシャルサイトより「企業理念」をご覧ください!

まぁ素敵な理念。あなたの心は何色ですか…?

心の色
幸せとは
「幸せ」の由来は様々な説がありますが、そのひとつに「めぐり合わせ」があります。
「仕合せが良い=めぐり合わせが良い」とか「仕合せが悪い=めぐり合わせが悪い」という考え方。つまり、人や物事との出会いであったり、出来事とのめぐり合わせであったり、誰かが何かと出会う状態のことを表現する意味から来ているとも言われています。

つまり会社にとっての「幸せ」と考えると、

  • 企業とクライアント様とのめぐり合わせ、
  • 社員とお客様とのめぐり合わせ、
  • 経営者と社員のめぐり合わせ、
  • 社員同士のめぐり合わせ、etc…

 

出会えた奇跡こそ“幸せ”でもある

2019年現在、世界の人口は約76億人とも言われています。
つまり1/76億という確率で出会う人と人、
この偶然のめぐり合わせは「幸せ」と言っても過言ではないでしょう。

約75億分の1 という確率

話がずれ込みましたが、この「関わる全ての人を幸せにする」という企業理念のもと、社員一同業務に邁進しております。

社員の数だけ個性があるように、年齢も経験も立場も違えば、職種によっても業務によっても様々な基準があるのも現実。日々の業務対応において「AかBか選択しなければならない」という場面「どっちが正解なのかわからない!」ってことありますよね。企業理念に沿って、そのジャッジはしなければなりませんが、それがなかなか難しいケースも数多くあります。

AかBかの選択

そんな時、部署や部門におけるルール、理念があればいいじゃないか!
と、考えました。

部署や担当者レベルにおいてそのような基軸がないと、判断を迫られた時に方向性を見失ってしまうことがあります。きっと基準がなければ、判断する人によってジャッジは変わってしまう。

「Aさんは○○しなさい。」と指示するけれど、
「Bさんは△△の方が良いよ。」ってアドバイスをくれる・・・。

迷う

誰の意見を参考にすればいいの?と迷った挙句、時間がかかってお客様に迷惑をかけてしまう、なんて事態も考えられます。おそらくそういった経験をされている人も多いのではないでしょうか?

1mmのズレがやがて100kmの距離を生む

一人ひとりのわずかな意識のズレが、1日後、1週間後、1か月後、1年後には取返しのつかない距離を生んでしまうことでしょう。

取返しのつかない距離

それはいかん!

そのような問題を解決し、共に働く人同士が日頃同じ考えを持っていて、自ら判断できるような環境を作れたら、なんて素晴らしいんだろう!という思いから、「部署ごとの短期的な行動指針となる“ 部署スローガン ” をつくりたい!」

そう、私たちクリエイティブ事業部では考えました。

普段、DTPデザイン業務やオフィシャルサイト管理業務を行っている部署ですが、デザインをするだけが仕事ではない。管理をするだけが仕事ではない。そういう想いを常に持っている集団として、「部署スローガンをつくろう!」というミッションを自ら課す決意をしました。

部署スローガンをつくるには?

弊社は、風通しの良いケーワンエンタープライズです。

集団

早速、提案資料を作成し根拠材料としてまず部署内でスローガンを作成し運用してみました。

実際に自分たちでやってみれば、問題点も改善点も見えてくるはずだ。
運用してみて、そもそも効果やメリットがなければ、このミッションは中止にすればいいという前提ではじめました。

その際に掲げたものが以下の4つです。

テストスローガン
1.声がけをしよう
2.整理整頓を心がけよう
3.メリハリをつけよう
4.早く帰ろう

「あぁ~なんてレベルの低い目標設定なんだ!」と感じる方もいるかもしれません。しかし、その誰でもやればできるレベルの目標から掲げることにこそ意味がある。と、私たちは知りました。

注意すべきこと

こういったことが、話し合いで生まれてきました。

効果検証に2ヶ月ほど時間を費やし、その結果をもとに「全社的に部署スローガンの作成する」という提案を社内審議にあげた結果、実行に移す許可をいただくことができました。

許可

★部署スローガンの目的

「各課・部署・支社」ごとに、共に働く仲間との意識統一を図り、より良い会社・環境づくりを目的とする。

★期待する効果やメリット

各課、部署、支社内の意識統一を目指す!

◎ 目標を掲げ掲示することによる意識の継続

◎ 他者を思いやる謙虚な気持ち

◎ 初心を忘れない

◎ 何事も主体的に考えられる思考力の増加

を期待する効果目標として、各部署や支社に次のような流れで「話し合い」をお願いしました。

<1>スローガンのメリットを理解する

 ↓

<2>スローガンにしたい草案を持ちより、協議のうえ決定する

 ↓

<3>決定したスローガンを見えるところに掲示し常に意識する

※半年に一度、達成度合いの確認および協議を行い見直しを図る。

最も大切にしたいことは、

「全員で話し合いスローガンを決定する」こと。
これ大事!テストに出ます。

★全員で決めることのメリット

各課・部署・支社内の意識統一を図るため、それぞれの状況や立場、業務内容や経験、まずは共に仕事をする仲間のことをもっと知り、一方的な見方ではなく、様々な視点から問題点や課題など解決するために掲げるスローガンをどういった言葉にするか?解決への道筋や技術向上への仕組みづくりなど、それぞれの課題やミッションに対して、何を意識し目標にすべきか?という話し合いに全員が参加し意見を出し合うことにより、「誰かに決めつけられたゴール」ではなく「自ら掲げた目的地」へ、個人でもチームでも取り組んでいくという考え方を持てるようになると考えました。

よこしま
話が長いです!

★お互いで刺激や指摘し合う関係性をつくる

ダイエットも筋トレも、なんとなく自分ひとりでやろうとすると、甘えが出たり、挫折したりすることが多いように、誰かと共有・共感しながら同じ目標に向かうこと。自分が怠っていたら誰かに注意してもらえること。自分では意識していると思っていても、実は出来ていないことにも気付くことができる。など、自分を見る第三者がいることで、より確実に目標へ向かいやすくなります。

ヤタベ
人の言うことなんて聞かんよ、おれは。

クリエイティブ事業部で掲げているスローガン

  クリエイティブ事業部で掲げているスローガン

ざっくり解説をすると、

1.相手に伝わってこその挨拶と共有

1.相手に伝わってこその挨拶と共有

「よく情報共有が足りないからもっと共有していこう!」という取り組みはありますが、実際に行われるのは「ファイルを共有しただけ」であったり、「メールを送っただけ」であることも正直多いという問題点がありました。そこで、相手がその情報を正確かつ疑問なく理解できてこそ共有できたと言える。という基準を再認識し、「相手に伝わってこそ」という言葉を大切にしました。

2.+1のクリエティブな発想&提案

+1のクリエティブな発想&提案

「依頼を受けた際に、言われたものをカタチにする」だけでなく「もしかしたら○○の要素を入れればもっと良くなるかもしれない」など、何かしらの「+1」を制作者は考え、提案をすることを大事にしよう。ということから決まりました。ここで意見が割れた例として「+1」とするか「+α」とするかというものがありました。よく「+α」というフレーズも利用されますが、この「α」が曖昧過ぎて判断できない。という意見もあり、確実に目に見える「1」という方が意識も出来ているかの判断もしやすいということで「+1」というキーワードとしました。

3.自分の仕事に誇りを持ち、「学び」を怠らない

自分の仕事に誇りを持ち、「学び」を怠らない

職種も経験も違う人が集まり業務をしていますが、新人であれ、ベテランであれ、その仕事を業としているのであれば「プロ意識」を持って仕事をするべき。という意見から、「誇りを持ち」とし、どんな仕事でも突き詰めれば「これで良し!」というゴールはないんじゃないか?ということから「学びを怠らない」というものを最後にスローガンに込めました。

このように、全員で話合いながら「共有」と言ってもひとそれぞれ「認識の違い」があったり、「学び」と言っても多様な考え方があったりと、一緒に働く仲間が物事をどう捉えているかを知る良い機会になったと実感しています。もし、職場の中での問題点がいつまでも解決していかない。。。言った事をいつまでもやってくれない人がいて困る。など悩んでいる方がいるのであれば、このような「スローガン」を話し合うということをキッカケとして、皆で向き合ってみてはいかがでしょうか?

最後に・・・

長々となりましたが、こんなこともケーワンエンタープライズでは行っております。

まだまだ、もっと良い環境をつくるためにすべきことはありますが
「千里の道も一歩から」というように、ここから始めていけたらいいですね。
それでは、良いスローガンライフを!

あっ、告知し忘れました!
ただいま、ケーワンエンタープライズでは“敏腕デザイナーを募集”しております!

デザイナー募集中!

私が所属しているクリエイティブ事業部では「DTPデザイナー」を喉から手が出るほどに欲しています。また、「きどっち」さんのところでは「WEBデザイナー」いらっしゃーい!っとデスクで雄叫びをあげています。

興味のある方は、躊躇うことなくまず応募!
「ブログ見たよ!」って教えてくださいね。

求人に関する詳しい情報は、以下のオフィシャルサイトからご確認ください!

★ 募集要項はこちらをご確認ください

▼ DTPデザイナー募集要項をチェック
▼ WEBデザイナー募集要項 をチェック

それでは、またお会いしましょう!

ABOUT ME
moro
moro
好きなことも、嫌いなことも、どうでもいいことも沢山あります。・・・だから何?と思った方、、、的確です。この際、一緒に無重力感じませんか?